バンガロールに来ちゃったの

サイトやFlickrの更新情報、映画や本の感想(ネタばれあり)、日記(Twitter/Instagramまとめ)などを書いています。

ロケ地

パリ旅行第一日

パリに行ったらまず行くところといえばここですが、ほしいDVD2枚しか見つからなかったよ…。 とりあえず、ドーム。 昼ごはんは白身魚のフリット。 メトロの駅に『パリ、テキサス』のポスター。リストア版か何かが出たらしい。 コルビュジエ建築めぐり第一弾。…

台湾旅行第二日:台北→大溪→台北

5時すぎに起きると、まだ暗い空に稲妻が光るのが見えた。今日は台灣鐵路宜蘭線に乗って大溪(宜蘭縣頭城鎮)へ行く予定だが、お天気が心配だ。大溪車站は『愛が訪れる時(當愛來的時候)』のロケ地。ヒロインの來春(李亦捷)が、逃げたボーイフレンド・牟宗福(吳…

台湾旅行第一日:台北(大安區)

紙立方貓熊寶貝を置きにホテルに戻り、ふたたび出かける。捷運で六張犁まで行って、涮八方で晩ごはん。台湾に来たら食べたいものは台湾料理以外にもたくさんあるが、東北料理の酸菜白肉鍋(↓左写真)もそのひとつ。上等白肉、特製酸白菜、手工豆皮、魚丸などの…

台湾旅行第一日:台北(大安區→信義區→松山區→中正區)

すぐに出かける。さきほど少しだけ降っていた雨は止んでいるが、今日がいちばん天気が悪いと予想して、近場の台北東部を散策することにする。まずは『台北の朝、僕は恋をする』のロケ地をめざして、捷運で永春へ。駅からほど近い正純小吃店(↓左写真)が、『台…

下田旅行復路(下田→鎌倉)

6時前に起きてまずは温泉。今日の女湯は和風温泉の遥都で、内湯の仙楽、内湯の檜風呂・鼓舞、山頂露天風呂・雲母があった。階段を上ってわざわざ行く露天が眺めも格別でよかったけれど、暗いうちから陣取っているばあさんが二人いて、ぜんぜん占領できなかっ…

香港旅行第三日:旺角→尖沙咀→中環

奇趣餅家で紅豆燒餅(1個HK$3)を買ってから、MTRで尖沙咀へ。柯士甸路の金巴利大廈(Kimberley Manshon)へ(↓左写真)。『神火101 殺しの用心棒』[C1966-49]で吉村実子が住んでいるところ。この建物も、 アラカンが訪ねてくるシーンで映るまわりの建物(↓右写真)…

香港旅行第三日:上環→中環→尖沙咀→旺角

尚豪酒店をチェックアウトし、MTRで中環へ。機場快綫の香港站でインタウン・チェックインをする。荷物は預けない主義なのだが、身軽になって直前まで遊ぶため、今回はしかたがない。しかし、この時点で荷物を預けると、iPadを持ち歩かなければならないという…

香港旅行第二日:中環→大坑→銅鑼灣→中環→上環→尖沙咀→上環

甘いもの補給のため、MTRで天后まで移動。今日はフルーツ系が食べたいので、大坑の小甜谷へ。満席のためちょっとそのへんをぶらぶらしてから入店。わたしは楊枝甘露(HK$27)(↓左写真)、J先生はたぶん芒果涼粉西米露(HK$26)(↓右写真)を食べる。 銅鑼灣に向か…

香港旅行第二日:中環

炮台里へ。前法國外方傳道會大樓(現・香港終審法院)(↓左写真)や聖約翰座堂(St John's Cathedral)(↓右写真)があり、公園のようになっている。意外にも観光客がたくさんいたが、日本人は見かけない。ふつうの(建築マニアではない)日本人観光客が、香港で教会や…

香港旅行第二日:半山區→上環→中環

ふたたび上環方面に戻り、城皇街を下る。永利街と交差するあたりは、『東京ギャング対香港ギャング』[C1964-21]のロケ地と思われる。冒頭の、内田良平が健さんをつけていくシーンで、最後に健さんが内田良平に声をかけるちょっと前の部分で、まず健さんが石…

香港旅行第二日:上環→半山區

6時すぎに起床。ホテルにはいちおう朝食がついているみたいだが、外で食べたいのでパス。出かける準備をして、近くの海安[口架]啡室へ行く。赤いベンチや天井の扇風機や店内の‘海安[口架]啡’の文字がレトロでかわいいが(↓左写真)、ことさらに小綺麗にしたり…

香港旅行第一日:上環→筲箕灣→北角→上環

いちばん行きたいところに最初に行っておくべく、MTRで筲箕灣へ向かう。『東京ギャング対香港ギャング』[C1964-21]で高倉健が死んだのは、愛秩序街と工廠街が交差するところ。Googleマップによれば、福盛工廠大廈という名前のビルの前である。よろよろと歩い…

『ミャオミャオ(渺渺)』(程孝澤)[C2008-37]

昨日、一ヵ月以上ぶりに実家から帰宅。その第一の目的は、東京国際レズビアン&ゲイ映画祭(公式)。今日はその最終日で、朝から表参道へ。当日整理券を配布するというので1時間以上前に行ったのに、スパイラルビルの開館は開演30分前の11時。30分以上も並ぶハ…

オーストリア旅行第二日:Wien(ウィーン)

6時ごろ起床。今回、オーストリアのホテルはすべて朝食つきなので、ホテルでブッフェの朝ごはんを食べ、9時前に出かける。今日はメーデーで祝日。リンクでパレードがあるらしく、国立オペラ座(Staatsoper)(↓左写真)附近では参加グループがかたまって出発準備…

オーストリア旅行第一日:成田→Wien(ウィーン)

今年の黄金周は、4月30日から5月8日まで、ウィーンを中心にオーストリアへ行くことになった。ウィーンといえば、アジアに興味をもつ前から行きたかった都市。しかしなぜ急に行くことになったかというと、「どうしてもウィーンに行きたい」というJ媽(つまり…

鎌倉散歩

お天気もいいので、満腹の食事のあとは鎌倉散歩。『千羽鶴』[C1969-20]で若尾ちゃんがくねくねしていたトンネル(↓左写真)とか、『麦秋』[C1951-02]でイサムちゃんが大和のおじいさんにキャラメル食わしてた大仏(↓右写真)とかをまわる。

『ヘルプ・ミー・エロス』の台糖高雄物流園區

『ヘルプ・ミー・エロス(幫幫我愛神)』[C2007-17]の阿杰と小欣がドライブするシーンで、車を停めて小欣が夢時代の摩天輪のネオンを見るのは、台糖高雄物流園區というところ(“高雄捷運漫遊”の地図には、台灣糖業公司農化廠高雄運輸調度中心と書いてあり、正確…

『ヘルプ・ミー・エロス』の統一夢時代購物中心

『ヘルプ・ミー・エロス(幫幫我愛神)』[C2007-17]の阿杰が采詩を待ち伏せしてつけていくシーンで、ふたりが訪れるふたつめの場所は統一夢時代購物中心(公式)。 左写真は、采詩が時代大道を渡って夢時代のほうへ歩いて行くところ。右写真は、采詩が夢時代の前…

『ヘルプ・ミー・エロス』の四維國宅

『ヘルプ・ミー・エロス(幫幫我愛神)』[C2007-17]で采詩(周采詩)が住んでいるアパートは、四維國宅の中の一棟。阿杰(李康生)と小欣(尹馨)が彼女をつけていくシーンで登場する。 左写真は、家に着いた采詩が郵便物を取り出しているところ。右写真は、采詩がエ…

高雄旅行第四日:高雄

6時起床。かわりばえしない朝ごはんを食べ、9時ごろ出かける。今日は左營の蓮池潭方面へ行く予定だが、その前に捷運で文化中心へ。『ヘルプ・ミー・エロス(幫幫我愛神)』に出てくる四維國宅(↓左写真)と自來水公園(↓右写真)を見に行く。 四維國宅は、周采詩(…

『ヘルプ・ミー・エロス』の優福水生活館高雄旗艦館

『ヘルプ・ミー・エロス(幫幫我愛神)』[C2007-17]の小欣(尹馨)が帰省するシーンで、阿杰(李康生)が水を買っていたのは優福水生活館高雄旗艦館。 左写真は、阿杰がタンクに水を入れているところ。右写真は、水のタンクをもって歩いている阿杰を、帰省する小欣…

『牯嶺街少年殺人事件』のガジュマルの巨木

『牯嶺街少年殺人事件』[C1991-16]で、編入試験勉強中の小四が小明と逢う射撃訓練場近くの場所も、屏東糖廠がロケ地。 写真は、小四と小明が木の根元に座って話しているところ。近くにあった建物などはすでになくなっているが、ガジュマルの木は他の木も含め…

『牯嶺街少年殺人事件』の台糖屏東廠冷飲部

『牯嶺街少年殺人事件』[C1991-16]で、小猫王(王啓讚)たちがライブをしたりしていた小公園冰菓室は、設定はもちろん台北だが、ロケ地は台糖屏東廠冷飲部。 写真は、小四(張震)が小明(楊靜怡)と一緒に小公園冰菓室に来るシーン。左は、小明が“Mr. Blue”のレコ…

高雄旅行第三日:高雄→屏東→高雄

6時ごろ起床。今日は屏東へ行く予定である。理由はふたつ。ひとつめは、『九月に降る風(九降風)』に出てくる屏東縣縣立棒球場へ行くこと。ふたつめは、『牯嶺街少年殺人事件』のロケ地である屏東糖廠の現状を確認すること。朝ごはんを食べて9時ごろ出かける…

『ヘルプ・ミー・エロス』の西臨港線跨河鐵橋

『ヘルプ・ミー・エロス(幫幫我愛神)』[C2007-17]で、阿杰が采詩をオフィスまでつけて行くシーン(上述の地下道のシーンとは別の日)で出てくる橋は西臨港線跨河鐵橋。かつての高雄臨港線の線路が西臨港線自行車道として整備されており、ここは愛河を渡る鉄橋…

『ヘルプ・ミー・エロス』の高雄橋

『ヘルプ・ミー・エロス(幫幫我愛神)』[C2007-17]で、小欣(尹馨)とドライブしていた阿杰が采詩を見かけるのは、高雄橋の西側、五福四路から高雄橋へ入るあたりである。 左写真は、采詩を見かけて車を停めるところ。右写真は、采詩を追って高雄橋方面へ進んだ…

『ヘルプ・ミー・エロス』の地下道入口

『ヘルプ・ミー・エロス(幫幫我愛神)』[C2007-17]で、阿杰(李康生)が采詩(周采詩)を待ち伏せしている場所は、高雄市立高雄女子高級中學の前にある地下道の入口。地下道を渡った反対側には國軍英雄館がある。 左写真は、采詩が向こうから歩いてきて階段を降り…

高雄旅行第二日:高雄

昨夜遅かったので、遅めの6時半すぎに起床。テレビは、阿扁の保釈が認められなかったニュースでもちきり。今回のホテルは朝食つきなので、素直にホテルで食べる。例によってバイキングだが、前回よりも悪くなっているような気がする。全体のバラエティは保っ…

『孫文 - 100年先を見た男』の檳城(ペナン)

『孫文 - 100年先を見た男(夜・明)』[C2007-44]の主要なロケ地は、檳城僑生博物館(Pinang Peranakan Manshon)、市政府別墅(Municipal Guest House)、萊特街修道院學校(Convent Light Street)。檳城僑生博物館では、丹蓉の家、徐家の内部が撮影されている。市…

『音樂大進軍』の川奈ホテル

川奈ホテル(公式)は、『熱砂の誓ひ』と同じ渡邊邦男監督の『音楽大進軍』[C1943-12]にも出てくる。川奈ホテルが出てくるのは、序盤、古川緑波が打ち合わせに行ったホテルで、慰問演芸会が開催されるシーン。川奈ホテルは、1942年11月に海軍省に接収されてい…