バンガロールに来ちゃったの

サイトやFlickrの更新情報、映画や本の感想(ネタばれあり)、日記(Twitter/Instagramまとめ)などを書いています。

『川の流れに草は青々』の九芎坪隧道

『川の流れに草は青々』[C1982-30]の冒頭で列車が出てくるトンネルは、九芎坪隧道である。


左写真は、タイトルバックの子供たちの通学風景のシーンで、列車がトンネルから出てくるところ。右写真は、鍾鎭濤が内灣を去って行くラストシーンで、列車の中の鍾鎭濤たちと、中山街一段を走っている子供たちが、お互いに手を振っているラストショット。