バンガロールに来ちゃったの

サイトやFlickrの更新情報、映画や本の感想(ネタばれあり)、日記(Twitter/Instagramまとめ)などを書いています。

『九月に降る風』の國立竹東高級中學

『九月に降る風』[C2008-06]で少年たちが通う学校は、映画の中(1996〜1997年)では台灣省立竹東高級中學。2000年に国立になったので、ロケ地は國立竹東高級中學(公式)。竹東高中は主要な舞台のひとつなので、登場シーンは多い。頻度が高いのは屋上や教室だが、ほかにもいろいろな場所が幅広く出てくる。


上左写真は、竹東高中が最初に出てくるシーンの最初のショット。蝉の声が印象的なショットで、このあとに野球場で騒いだ少年たちが呼び出されるシーン(すなわち主要な登場人物紹介シーン)が続く。上右写真の司令台の裏側は2回登場。1回めは、小芸(初家晴/ジェニファー・チュウ)が阿彥を待っていて、謝孟倫のことを問い詰めるシーンの最初のショット。2回めは、上述(id:xiaogang:20090502#p3参照)の卒業式のシーンで、屋上、プール、広場と共に挿入されている無人のショット。写真は後者のアングルに近い。

下左写真は、みんなと仲違いした小湯がひとりで帰って行くシーン。下右写真は、卒業式のシーンで、生徒や父兄が入って行くところ。前述の小湯がひとりで帰るシーンで、授業が終わって生徒たちが帰って行くところでも逆のアングルで出てくる。