バンガロールに来ちゃったの

サイトやFlickrの更新情報、映画や本の感想(ネタばれあり)、日記(Twitter/Instagramまとめ)などを書いています。

第9回東京フィルメックスのチケット発売

今日は東京フィルメックスのチケット発売日。油断して8時半すぎに行ったら3番、4番になってしまったが、あとには二人しか来なくて、発売後12分で任務完了。全部取れて楽勝だった。

今年のラインナップは、杜蒞峰(ジョニー・トー)の『文雀』と于廣義(ユー・グァンイー)の『サバイバル・ソング』は予想どおりだったが、絶対あると思っていた賈樟柯(ジャ・ジャンクー)の“二十四城記”と余力為(ユー・リクウァイ)の“蕩寇”はなかった。その代わりのうれしいサプライズも特になし。侯孝賢(ホウ・シャオシェン)、蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)、賈樟柯クラスの目玉がない(短編を除く)、台湾映画がない、アジア映画が少ない、フィルムセンターが蔵原惟繕ということで、全体的にテンションは下がり気味。さらにわたしは、11/24の午前まで所用で参加できないことになり、『サバイバル・ソング』は観られない。結局、11/24の午後は山下将軍に捧げ、11/25にお休みをとって多少の挽回をはかることにした。

そんなわけで、わたしがチケットを買ったのはたったの5本。運がよければ蔵原惟繕に少し行けるかもしれない。現在のところのスケジュールはこちら(LINK)。