バンガロールに来ちゃったの

サイトやFlickrの更新情報、映画や本の感想(ネタばれあり)、日記(Twitter/Instagramまとめ)などを書いています。

『九月に降る風』の新竹市立中正棒球場

『九月に降る風』[C2008-06]で、少年たちが時報鷹の試合を観に行くのは新竹市立中正棒球場(公式)。

棒球場が出てくるシーンは3回。乱闘騒ぎが起きる冒頭のシーン、メドレー風に描かれる日常生活の一エピソード、そして3回めは、八百長で試合がつまらないので阿彥たちが途中で帰ろうとすると、仲違いして観戦に来なかった小湯が入口で待っているシーン。


左写真は、冒頭のシーンの最初のショット。たぶん映画は球場内から見たものだが、写真は外から見たもの。右写真は3回めのシーンで、阿彥と小湯がなんとなく仲直りして、阿彥が廖敏雄のニセサイン入りボールを渡すところと、小湯が渡そうとした小芸(初家晴/ジェニファー・チュウ)の手紙をかばんに戻すところ。