バンガロールに来ちゃったの

サイトやFlickrの更新情報、映画や本の感想(ネタばれあり)、日記(Twitter/Instagramまとめ)などを書いています。

『カラマーゾフの兄弟』映画化構想

それほどはまらなかったとはいえ、『カラマーゾフの兄弟』は、配役を考えたいという強い衝動にかられる小説である。そこで実際に考えてみた。わたしが心がけたのは、実年齢が想定とあまりに離れた俳優を使わないこと。具体的には、三兄弟はみんな二十代なので、四十代以上の俳優は使わないようにした。

まず、現在では実現不可能な古い日本映画の場合を、わたしとJ先生それぞれに考えた。なお、かっこ内は製作年の年齢である。

項目/役名わたしの案J先生の案
製作年1958年1939年
製作・配給日本映画監督協会東映松竹
監督内田吐夢清水宏
フョードル佐分利信(49)坂本武(40)
ミーチャ丹波哲郎(36)斎藤達雄(37)
イワン内田良平(34)佐分利信(30)
アリョーシャ高倉健(27)日守新一(32)
スメルジャコフ南原宏治(31)河村黎吉(42)
グルーシェニカ若尾文子(25)木暮実千代(21)
カテリーナ芦川いづみ(23)高峰三枝子(21)
内田吐夢版がめちゃくちゃ観たい。ちなみに清水宏版は温泉が舞台だそうです。 もうひとつ、わたしが考えた中華版(誰か実現させてくれませんか)。
製作年2008年
製作香港=台湾=中国
監督譚家明(パトリック・タム)
フョードル高捷(ジャック・カオ)(50)
ミーチャ周群達(ダンカン・チョウ)(30)
イワン張震(チャン・チェン)(32)
アリョーシャ周渝民(ヴィック・チョウ)(27)
スメルジャコフ劉菀(リウ・イエ)(30)
グルーシェニカ田原(ティエン・ユアン)(23)
カテリーナ徐靜蕾(シュー・ジンレイ)(34)
いろいろ迷ったし、選定理由など書きたいことはたくさんあるが、キリがないのでここは決めた結果だけを書いておくことにする。 ところで、『カラマーゾフの兄弟』の根幹にあるキリスト教的世界観は、東洋を舞台にした映画には絶対に翻案できない。だから宗教色は抜いてしまって、親子、兄弟のあいだの葛藤は、良心や罪の意識といった普遍的なものとして描く。そして、フョードル=ミーチャ=グルーシェニカ、ミーチャ=グルーシェニカ=カテリーナ、ミーチャ=イワン=カテリーナの多重三角関係を強調してメロドラマ性を高める。というのが、映画化の基本路線だと思う。