バンガロールに来ちゃったの

サイトやFlickrの更新情報、映画や本の感想(ネタばれあり)、日記(Twitter/Instagramまとめ)などを書いています。

2011-10-25から1日間の記事一覧

『香港四重奏II(香港四重奏II)』(Brillante Mendoza, 何宇恆, Apichatpong Weerasethakul, 關錦鵬)[C2011-S]

同じくTOHOシネマズ六本木ヒルズで、オムニバス映画『香港四重奏II』(東京国際映画祭)を観る。第24回東京国際映画祭のアジアの風部門アジア中東パノラマの一本。『香港四重奏』[C2010-70]には香港人が描かれていたが、こちらは香港の外から来た人が主に描か…

『香港四重奏(香港四重奏)』(邱禮濤、羅卓瑤、麥曦茵、陳果)[C2010-70]

TOHOシネマズ六本木ヒルズで、オムニバス映画『香港四重奏』(東京国際映画祭)を観る。第24回東京国際映画祭のアジアの風部門アジア中東パノラマの一本。『もち米炒飯(生炒糯米飯)』邱禮濤(ハーマン・ヤオ)監督、杜宇航(デニス・トー)主演。無難にまとめられ…

『玄海灘は知っている(현해탄은 알고 있다)』(金綺泳)[C1961-42]

TOHOシネマズ六本木ヒルズで、金綺泳(キム・ギヨン)監督の『玄海灘は知っている』(東京国際映画祭)を観る。第24回東京国際映画祭のアジアの風部門ディスカバー亜州電影の一本。2年前の上映時には観られなかったが、なにやらすごいらしいと聞いていたので、今…

『備えあれば(不怕賊惦記)』(許傳海)[C2010-69]

TOHOシネマズ六本木ヒルズで、許傳海(シュー・チュアンハイ/シュー・チュワンハイ*)監督の『備えあれば』(東京国際映画祭)を観る。第24回東京国際映画祭のアジアの風部門アジア中東パノラマの一本。主人公の吳剛(ウー・ガン*)が所有しているゴビ砂漠の金鉱…

2011年10月25日のつぶやき

@gang_m: 『香港四重奏』は、やっぱり何宇恆と關錦鵬かな。2011-10-25 23:17:36 via Twitter for iPhone @gang_m: 今日も11時就寝に間に合わず。2011-10-25 23:08:32 via Twitter for iPhone @gang_m: 「よんじゅうそう」じゃねーよ、アナウンスのねーちゃん…