バンガロールに来ちゃったの

サイトやFlickrの更新情報、映画や本の感想(ネタばれあり)、日記(Twitter/Instagramまとめ)などを書いています。

『恋人のいる時間(Une femme mariée: Suite de fragments d'un film tourné en 1964)』(Jean-Luc Godard)[C1964-48]

オーディトリウム渋谷の特集「ゴダール/新世紀の起源」で、『恋人のいる時間』を観る。

恋人のいる時間 [DVD]

恋人のいる時間 [DVD]

  • ファーストシーン:シャルロット(マーシャ・メリル)が手を伸ばして、愛人のロベール(ベルナール・ノエル)が手首をつかむ。
  • ラストシーン:ベッドの上で重ねていた手を、まずロベールを引き、次いでシャルロットが引いたところで‘Fin’。
  • 挿入歌:“Quand le film est triste(悲しきスクリーン)”(シルヴィ・ヴァルタン)
  • 登場人物が歌う曲:『花はどこへ行った』(フランス語)。もう1曲あったけどわからない。
  • カーディガンを引っ掛けて出かけたくなる映画。