バンガロールに来ちゃったの

サイトやFlickrの更新情報、映画や本の感想(ネタばれあり)、日記(Twitter/Instagramまとめ)などを書いています。

『世紀末ウィーンを歩く』(池内紀、南川三治郎)[B982]

『世紀末ウィーンを歩く』読了。たぶん2回め。

世紀末ウィーンを歩く (とんぼの本)

世紀末ウィーンを歩く (とんぼの本)

1987年の本なので最新情報は載っていないし、本の性格上、深く詳細なことは書いてない。しかし、わたしの知りたいウィーンについて、パンダ以外、かなり網羅した本である。オトー・ヴァーグナーアドルフ・ロース。ゼツェシオーン、エゴン・シーレオスカー・ココシュカクリムト、ヨーゼフ・ホフマン。シュニッツラー。ヴィトゲンシュタイン。ルドルフ皇太子情死事件。

新しい本を買うより、持っている本を読み直したほうがずっと有益らしい。