バンガロールに来ちゃったの

サイトやFlickrの更新情報、映画や本の感想(ネタばれあり)、日記(Twitter/Instagramまとめ)などを書いています。

『台湾革命』(柳本通彦)[B1168]

『台湾革命』読了。

台湾革命―緊迫!台湾海峡の21世紀 (集英社新書)

台湾革命―緊迫!台湾海峡の21世紀 (集英社新書)

2000年、陳水扁が初当選した総統選挙のあとに出た本だが、見逃していたみたいなので読んでみた。

私が初めて台湾へ行ったのは1994年。すでに終身議員は改選され、政治犯もいなくなり、一応民主化が達成されていたといえる。しかしガイドブックにはまだ「共産主義に関する本は持って行かないように」と書かれており、総統府の前には“反共必勝”というスローガンが掲げられていた。その後の変化は自分でも目にしているし、本などで情報を得てもいる。私が見ていない、戒厳令解除前後から90年代初めあたりまでについてもっと詳しく知りたい。台湾の空気がどのように変化していったのか、そのなかで1994年はどのようなときだったのか、それを知りたいと思う。

この本は、著者一家が、戒厳令解除直前の台湾に到着するところから始まる。だから、当時の台湾の様子が、実体験や生活の実感に根ざして記述されているのではないか。そのように勝手に期待した。しかし、あまりそのような記述はなく、また知っていることが大半だったので、ちょっと期待はずれだった。1987年から2000年までの台湾史の概要を知るには適当な本だと思う。