バンガロールに来ちゃったの

サイトやFlickrの更新情報、映画や本の感想(ネタばれあり)、日記(Twitter/Instagramまとめ)などを書いています。

これから公開される台湾映画

今日は『深海』の初日だが、これから秋にかけて台湾映画が続々と公開されるので、それらをお薦め順に並べてみる。

  1. 蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)『楽日』(公式):8/26〜@ユーロスペースロケ地情報
    胡金銓(キン・フー)監督の『血斗竜門の宿(龍門客棧)』を観ていない人は、絶対に観てから観るべき。
  2. 侯孝賢(ホウ・シャオシェン)『百年恋歌』:秋@シネスイッチ銀座
    シネスイッチだけど必見。
  3. 徐輔軍(シュー・フーチュン)『夢遊ハワイ』(公式):9/2〜@新宿武蔵野館ロケ地情報
  4. 蔡明亮『西瓜』(公式):9/23〜@シアター・イメージフォーラム
  5. 鄭文堂(チェン・ウェンタン)『深海』(公式):8/19〜@新宿武蔵野館ロケ地情報
  6. 李康生(リー・カンション)『迷子』(公式):8/26〜@ユーロスペースロケ地情報
  7. 李芸嬋(ロビン・リー)『靴に恋する人魚』(公式):9/9〜@新宿武蔵野館
    これは私はお薦めしないが、私以外の人にはすごく評判がいい。男性は受けつけない映画だと思ったが、男性でも好きだという人がけっこういるようだ。人の好みはわからない。

ここ数年に映画祭で上映されたものの中で、一般公開してもよさそうなものが一気に公開されるという感じなのだが、だったら次の作品も公開してほしいものだ。

  • 連錦華『小雨の歌』:『楽日』『西瓜』の陳湘蒞(チェン・シャンチー)主演だからタイムリーだと思うのだが。
  • 訒勇星『7-ELEVENの恋』:京都も出てくるし、日本人も出ているし。
  • 林正盛『月光の下、我思う』
  • 鄭文堂『時の流れの中で』

『小雨の歌』と『7-ELEVENの恋』は台湾でもDVD等が出ていないので、公開されてDVDが出てくれるととても嬉しい。『月光の下、我思う』は、作品のレベル的にも絶対に公開されるべき作品だと思う(もちろん邦題は変えるべき)。