バンガロールに来ちゃったの

サイトやFlickrの更新情報、映画や本の感想(ネタばれあり)、日記(Twitter/Instagramまとめ)などを書いています。

『日本侠客伝 浪花篇』

例年にはないことだが、2月もなかばになって今年初めて映画を観た。作品は『日本侠客伝 浪花篇』。前回観たときは、村田英雄が目立ちすぎなことなどが気になってここまでいいとは思わなかったが、今回観なおしたらものすごくよかった。ヤクザたちを殺して出てきた鶴田浩二が、やってきた高倉健に「にっ」と笑うところがたまらない(いいという意味だ)。悪役・大友柳太朗の(いつもの)しゃべり方もたまらない(これはいいという意味ではない)。メロメロなマキノ演出もたっぷり楽しめる。『日本侠客伝』シリーズDVD BOXの発売を熱烈希望。>東映さん、お願いします。