バンガロールに来ちゃったの

サイトやFlickrの更新情報、映画や本の感想(ネタばれあり)、日記(Twitter/Instagramまとめ)などを書いています。

『暗殺された映画人、劉吶鴎の足跡:1932年-1937年』『上海映画工作の一側面 - ある台湾人の足跡から』(三澤真美恵)

チケットぴあに並んでいるあいだに、三澤真美恵氏の論文を二つ読む。『李香蘭の恋人 - キネマと戦争』(id:xiaogang:20071018#p1)に関連して、劉吶鷗に関するものである。ひとつは、『演劇研究センター紀要IV』(早稲田大学21世紀COEプログラム〈演劇の総合的研究と演劇学の確立〉発行、2005)に収録された『暗殺された映画人、劉吶鴎の足跡:1932年-1937年 - 「国民国家」の論理を超える価値創造を求めて』。もうひとつは、『アジア遊学』No. 54 [M65-54](特集:メディアとプロパガンダ)に収録された『<孤島>上海映画工作の一側面 - ある台湾人<対日協力者>の足跡から』。前者は[まぜるなきけん](LINK)のせんきちさんに教えていただいたもの。後者は前者で言及されていて、探したら持っていたもの(たぶんまだ読んでいなかった)。書かれたのはこちらが先。

『暗殺された映画人、劉吶鴎の足跡:1932年-1937年 - 「国民国家」の論理を超える価値創造を求めて』は、「対日協力」へと至る1932年-1937年の劉吶鷗の足跡を、「三度の越境」という視角から検討したもの。検討の結果、次のことが明らかにされている(「おわりに」(p. 119)からほぼ引用)。

  • 彼の越境の原点には、「日本人」としても、「中国人」としても、当然には「国民」として統合されない植民地出身者としての「はっきりと国旗を背負った人達」の間に立つことの苦しみがあった。
  • その際、他の多くの台湾人青年とは異なって、越境の当初から中国ナショナリズムへの憧憬を抱いていなかった。
  • 映画理論においては芸術の政治化を批判したが、映画製作の実践においては政治権力に接近していくという矛盾がみられる。
  • 政治権力へ接近した要因として、国民党の弾圧による出版事業の挫折、左翼理論界からの批判、魯迅との確執、映画事業特有の巨大な資金とシステムが挙げられる。
  • 政治宣伝機関に身を置きながらも「政治に汚染されない」映画に期待をかけていた。

これらの検討に基づいて、著者は次のように結論づけている。

つまり、劉吶鴎は、植民地台湾における被支配者として「精神的外傷」をこうむったと同時に、植民地・植民地本国における「近代性」を存分に享受しうる階層にあったため、それを資本として封建的大家族制や日本のナショナリズムから脱出し、上海における文化人としての地位を確立したという側面ももつ。そして、「植民地支配がもたらした精神的外傷」によってナショナリズムへの情熱をもてなかったために、ナショナルな枠組みを越えた価値創造を映画に求め、「未来の純粋芸術的な、自由な映画」の製作という目的のために、政治権力への接近を選択した。そのひとつの帰結が国民党の「御用文人」たる党営映画スタジオの製作責任者という立場であり、もうひとつの帰結が日本軍に対する「対日協力者」という立場であった。これが、劉吶鴎がなぜ「漢奸」と呼ばれながら「対日協力者」となったのかという問いに対する、現時点での筆者の仮説的結論である。(p. 119)

劉吶鷗の複雑な行動を、その複雑な背景をもとにさまざまな視点から検討した、非常に興味深い論文である。

『<孤島>上海映画工作の一側面 - ある台湾人<対日協力者>の足跡から』は、日中戦争勃発後、中華電影成立以前の、「孤島」上海における日本の映画工作をまとめたもの。これらの映画工作に、東宝の松崎啓次と劉吶鷗がどのように関わったかについて述べられている。

李香蘭の恋人』で劉吶鷗に関して書かれていたことは、これらの論文にすべて出揃っているといっていい。さらに、ずっと緻密に、多面的な視点から検討されている。一次文献として何を読んだらいいかというところから考察のポイントに至るまで、かなり参考になるものであったに違いないのだが(しかしもちろんわたしには本当にそうなのかは証明できない)、『李香蘭の恋人』の参考文献には載っていない。『李香蘭の恋人』の位置づけを明らかにする意味でも、先行研究に対するリスペクトを表すためにも、参考文献に載せるべき論文であり、載せていなければわざと載せていないと思われてもしかたがないと思う。

『映画と写真は都市をどう描いたか』(高橋世織)[B1247]

チケットぴあに並んでいるあいだに『映画と写真は都市をどう描いたか』も読了。

映画と写真は都市をどう描いたか (ウェッジ選書)

映画と写真は都市をどう描いたか (ウェッジ選書)

現代思想臨時増刊『総特集 ドキュメンタリー』を読み終わった(id:xiaogang:20071031#p2)直後に開いたら、あまりの文字の大きさ、というか1ページあたりのあまりの文字の少なさにめまいがした本。フォーラム〈地球学の世紀〉での講演をもとにしたものだということだが、いつどこで行われたどういった趣旨の講演かなどが一切書いてなくて、なんだかよくわからない。

この本を買ったのは、タイトルが、ロケ地研究家としては読まなければならないもののように思えたからである(実物を見つけることができなかったので、未確認のままネットで購入)。しかし結論からいえば、期待したようなこと(それは何かと聞かれると困るのだが)はほとんど書かれていなかった。

私の期待に多少はかなっているといえるのは、黒沢清の『映画のなかの都市の記憶』くらいで、これは自身の映画のロケ地選びやロケーション撮影についてのものである。しかしながら、わたしはその中のごく一部しか観ていないため、概念的な理解にとどまった。蓮實重彦の『無声映画と都市表象 - 帽子の時代』もなかなかおもしろかったが、これは都市という概念がどのように表象されたかという話であって、都市そのものを写すことについてのものではなかった。

第8回東京フィルメックスのチケット発売

今日は東京フィルメックスのチケット発売日。フィルメックスは毎年楽勝なので、気楽な気持ちで洗濯もしてから行ったのだが、8時すぎにもう人がいっぱい。なんと13、14番だった。フィルメックスの発売日は毎年11月3日で、いつもはほかの発売がほとんどないけれど、今年はちょうど土曜日に当たっている。だからほかの発売もたくさんあったようだ。

あとからもどんどん来るし、途中でクレーマーが居座るし、絶対やばいと思っていたが、結局全部無事に取れた。『東(Dong)』『無用』『Exiled 放・逐』『ヘルプ・ミー・エロス』『最後の木こりたち』『アイ・イン・ザ・スカイ』『ドラマー』『アンジェラ・マオ 女活殺拳』『それぞれのシネマ』。いつもはイラン映画を観たり、韓国映画を観たり、特集上映を観たりするのだが、今年は純粋に中華系になってしまった。

TRATTORIA Fossettaのアラカルト

戦いのあとはフォセッタ(公式)で勝利の美酒に酔う(というほどでもないが)。


今日は、ジンダの唐揚げ、サバのマリネ・サラダ仕立て、パルミジャーノのおせんべい(左写真)、鎌倉野菜のピッツァ、胡椒鯛の香草焼き(右写真)。香草焼きはここでは初めて。胡椒鯛も、食べたことがあるのかどうかわからないが、もちっとした感じでおいしい。

「ドルチェはいいです」と言ったあと、今日は買い物がたくさんあることに気づいて急遽注文。鎌倉産リュバーブのタルトと、北海道の井ノ口さんのリコッタチーズ・イタリア産はちみつがけ(写真ははちみつをかける前)。以前三留商店でイタリア産はちみつを買ったが、匂いがきつくてだんだん食べなくなった。今日はオレンジと栗のはちみつが出たが、両方ともやっぱりあの匂い。

大船で3軒、鎌倉で5軒買い物して帰ったら17時。なんで?