バンガロールに来ちゃったの

サイトやFlickrの更新情報、映画や本の感想(ネタばれあり)、日記(Twitter/Instagramまとめ)などを書いています。

スタバでカプチーノをすする

朝から、カプチーノをすすりにというか、クリーニング屋のついでというか、駐車のためというかでスターバックス鎌倉御成町店へ行く。[近況]カテゴリというのも変だが、スタバのカプチーノが特にうまいというわけではないので。


横山隆一邸の跡地にあるこのスタバは、元からのプールのある庭に面した部分がガラス張りの、ゆったりとしたおしゃれな雰囲気の、居心地よいカフェ。そんなことはすでにあちこちの雑誌で紹介されているから、朝10時ごろからかなり混んでいて、希望の席につくまで何回も民族大移動を繰り返さなければならない。平日の夕方に行くことがたまにあるが、そんなときもやっぱり混んでいて、みんなどこから来て何をしているのだろうと不思議に思う。

PICCOLO VASOのアラカルト

映画祭シーズン前最後のお昼ごはんは、逗子・小坪のピッコロ・ヴァーゾでしめる。


今日は、ジンダのフリット、三浦産クレソンとベーコンのサラダ(左写真)、怒りのムール貝、生ハムとルッコラのピッツァ(右写真)。サラダ以外、前回と全く同じだった。怒りのムール貝を食べたのは憶えているけれど、ピッツァは記憶にない。前回に比べ、ルッコラが格段に立派なので連続して載せることにする。たぶん初めての、クレソンとベーコンのサラダが美味だった。今日の怒りのムール貝は、ピッコロ・ヴァーゾにしてはマイルドだったように思う。

今日も飛び込みの客が次々に来ては断られていた。いつもより丁寧にお断りしているようにみえたが、帰ったあとでいろいろ…(以下自粛)。ちゃんと書いておいてくれと言われたので書いておくが、ピッコロ・ヴァーゾに行きたい人は予約してください。ナディアやワタベとは違って、1ヶ月も前に予約する必要はありません(数日前で大丈夫なはず)。2ちゃんねるには「若くてかわいくないと入れてもらえない」とか書き込まれているらしいが、若くてかわいくなくても予約すれば入れてもらえます(歓迎されるかどうかは別として)。

珠屋洋菓子店のピーチロール

先週、みなとみらいで湘南のお菓子フェアをやっていた。大半は、わざわざ横浜で買うことはないご近所のお店だったが、なかに逗子の珠屋洋菓子店(LINK)があった。以前から一度買ってみたいと思っていたお店である。そこで最終日の木曜、ウキウキして早めに会社を出た。最終日というのが気にならないでもなかったが、案の定「ピーチロールは売り切れました」の札。がーん。お昼休みに買って冷蔵庫へ入れておく、というのが正しいやり方だったらしい。

そんなわけで、今日のおやつは珠屋のピーチロールと決めている。ピッコロ・ヴァーゾから歩いて帰らずに、バスで逗子へ向かう。最近改装したと思われる珠屋は、いまひとつおしゃれ度が足りない感じなのが、逆に老舗感をかもしだしている。


念願のピーチロールは、見ためもかわいらしく、素朴ななつかしい味。なかなかだ。今度たくさん買ってこよう。でも正直にいうと、このくらいがいちばんおいしくてありがたい大きさだと思う。一本買ってしまうと、賞味期限までに食べなきゃモードになってしまってありがたみがない。

今日は朝からiPhotoの写真の整理にはまっているので、ピーチロールの友は軽く『淑女は何を忘れたか』[C1937-04](asin:B00009XLL9)にしておいた。