バンガロールに来ちゃったの

サイトやFlickrの更新情報、映画や本の感想(ネタばれあり)、日記(Twitter/Instagramまとめ)などを書いています。

『赤い荒野』(野口博志)[C1961-34]

京橋へ移動してフィルムセンターへ。PASMO導入後初めての東京メトロなので、パスネットが残っているにもかかわらずSuicaを試してしまう。これでやっと香港なみになったと思うと感慨深い。

フィルムセンターの特集はまだ「シリーズ 日本の撮影監督(2)」(公式)。今日の映画は宍戸錠主演の『赤い荒野』(goo映画)。キャメラマンは永塚一栄。二巡目のせいかすいていて寂しい。常連さんも全然見かけない。

和製西部劇と言われている『赤い荒野』は牧場乗っ取りの話で、宍戸錠の役柄は渡り鳥シリーズで小林旭がやっているのとほとんど同じ。この映画のオリジナルな点は、宍戸錠、小高雄二、内田良平の関係である。三人はかつては悪い仲間だったが、宍戸錠と小高雄二は、南田洋子の父親(牧場をやっている元刑事)のおかげで更生し、内田良平だけが刑務所に入っていた。小高雄二は南田洋子と結婚して牧場を継ぎ、宍戸錠は身を引いて牧場を去った……という設定。しかしそれらは、「そういう設定ですよ」ということを観客に知らせるために、主に台詞で語られるだけだ。物語に適度な陰影を与える要素をせっかくいろいろ入れているのに、それらがうまく料理されていない。出所した内田良平は牧場を乗っ取ろうとする側につき、宍戸錠、小高雄二に対して単純に敵対する立場になる。かつては友だちだったのだから、もう少し愛憎相半ばする気持ちやそれによる心のゆれみたいなものがあっていいと思うが、どちらの側にもそういったものは感じられない。小林旭に対する宍戸錠のように、助ける側にまわるわけでもない。南田洋子宍戸錠が好きだったかも、と匂わせているので、宍戸錠と小高雄二とのあいだにも過去のわだかまりみたいなものが多少あってほしいが、それも感じられない。過去の女がからむところが、小林旭と違って宍戸錠のオトナなところかなと思うのだが、あまりうまく生かされていない。というより、そもそも宍戸錠には内面がないのだから、内面を期待させる設定が間違っているのかも。

しかしそれにもかかわらず、内田良平の存在感は圧倒的だ。なぜか黒ずくめで現れる内田良平はすごくクールで、この映画は内田良平の映画といっても過言ではない(ただのヒイキ目?)。日活出身ではない彼には日活的野暮ったさがなく、日活映画ではちょっと異質な感じがする。一方、宍戸錠と小高雄二はなぜかとってもワイルドで、本当に牧場で働いているみたいな雰囲気。

宍戸錠主演の日活アクションならとりあえず観たいけれど、今回これを観ようと思った一番の理由はロケ地が三瓶山(公式)だからだ(そんなんばっか)。三瓶山に行ったのはものすごく昔で(でももちろんこの映画が撮られたよりはずっとあとだ)、具体的な風景の記憶はないし、映画に出てくるところは観光地ではなさそうなので特に感慨はなかった。でも繰り返し出てくる吊り橋と、大田市内と思われる商店街が気になる。「さんべい」とか「おおた」とか言っているみたいだったのも気になるけれど。

ところで、出てくる歌がことごとくとってもヘンだった。当時の日活映画の登場人物はすぐに歌うし、ヘンな歌も珍しくない。しかしこの映画はとりわけヘン。小林旭だったらヘンな歌でも堂々と自信たっぷりに歌ってしまい、こちらを恥ずかしくさせない迫力があるが、宍戸錠は歌うのが板についていないうえに下手くそなせいかもしれない。いづみさま弟@『あした晴れるか』(杉山俊夫)の歌もヘンだった(この人歌手ですか?)。

BLESS COFFEEのプリン

フィルムセンター周辺は安カフェ激戦区。中央通りと鍛冶橋通りの交差点には、主要なチェーン店系カフェが揃っている。そんなフィルムセンター前に一年ほど前にできたカフェ、BLESS COFFEEへ行く。


お菓子もいろいろあるが、なかでもプリンが売りとみた。最近、苺ロールケーキとプリンにこっている私としては、食べないわけにはいかない。基本のBLESSプリン(たしか250円)を注文してみたところ、けっこうおいしかった。しかしこの盛りつけ(?)は微妙だ。「皿に載せてくれるのなら中身も出してくれよ」と思うが、プラスチックだとうまく出せないのだろうか(私はガラスでも出せないが)。

ちなみに、チェーン店系カフェではドトール派である。でもセガフレードも作ってほしいなあ。

『絶対の愛』(金基徳)[C2006-28]

渋谷へ移動して、ユーロスペースで金基徳(キム・ギドク)監督の新作、『絶対の愛』(公式/映画生活/goo映画)を観る。金基徳の映画はいつも特殊な設定で、変わった人物が登場する。どうもアイディア勝負というかトリッキーというかキワモノっぽいというか、そういう印象はぬぐえないのだけれど、今回は整形ネタだ。

引き込んで見せる力はすごくあって、なかなかおもしろかった。しかし、登場人物に共感したわけではなく、かなり客観的に見ていた。男がかわいい女の子をちょっと見ただけで、人前でキレてヒステリーを起こす女なんて最悪だし(顔を変える前に性格を変えろと言いたい)、いくら恋愛は理屈じゃないといっても、そんな女が忘れられない男というのも理解に苦しむ。登場人物の価値観が自分と違っていたり共感できなかったりすることはよくあるが、そこで観客に突っ込ませたらだめだと思う。たとえ賛同や共感ができなくても、それとは別の次元である世界観を観客に提示して、あるがままに受け入れさせることができるかどうかが、映画の評価のひとつのポイントだと思う。金基徳の映画はどれも特殊な設定だが、程度の差こそあれ、これまではその世界をすんなり受け入れることができたが、『絶対の愛』はだめだった。

しかし、この映画は顔とアイデンティティの関係を描いていて、その点では興味深い。アイデンティティという言葉は、国やら民族やら家やらへの帰属を論じる文脈で使われることが多いが、私はその手のアイデンティティには全く興味がない(そんなもんどうだっていいと思っているから)。しかし個人の自己同一性という意味でのアイデンティティ、どこで同じインスタンスであると判断するかという問題にはかなり興味がある。今までは本人の立場からしか考えていなかったので、自分が同じ人間だと意識していれば同じだと思っていたが、この映画では他人がアイデンティファイするという視点で描かれている点が新鮮だ。他人から見たら意識なんて関係ないから、アイデンティティは限りなくゆらいでしまうかもしれない。でもセヒ(パク・チヨン)がスェヒ(成賢娥/ソン・ヒョナ)になっても性格は全然変わっておらず、あいかわらずカフェでヒステリーを起こしていたのに、それでもジウ(河正佑/ハ・ジョンウ)は同じ人だと感じることができなかったのだろうか。

これが香港映画だったらコメディになりそうだ。恋人が突然姿を消してしまった男の前に別の女性が現れる。彼はその女性が気になり始めるが、姿を消した彼女のことも忘れられない。そこであれこれ悩んでいるところがおもしろおかしく進行して、最後に新しい女性は整形した前の彼女だったということが判明する。『絶対の愛』ではここからが本題だが、香港映画ではこれでめでたしめでたし、あっさりハッピーエンドだ。すぐにもそんな映画が作られそうな気がしませんか。

どうでもいいけれど、整形してスェヒと名乗るまで、ずっと彼女の名前はセヒではなくヤヒだと思っていて、ずっと「ヘンな名前」と思っていた。

久しぶりにとんきでひれかつを食べて帰る。