バンガロールに来ちゃったの

サイトやFlickrの更新情報、映画や本の感想(ネタばれあり)、日記(Twitter/Instagramまとめ)などを書いています。

『蟻の兵隊』(池谷薫)[C2005-37]

シアター・イメージフォーラムへ『蟻の兵隊』(公式映画生活)を観に行く。昼過ぎの回はけっこう混んでいるが、満席ではない。

中国山西省終戦を迎えたにもかかわらず、軍の命令で残留させられ、中国の内戦を国民党軍として戦った日本軍の兵士が、志願による残留とみなされて恩給などの補償を受けられずにいるという問題を取り上げたドキュメンタリー。日本軍山西省残留問題を描いた映画であると同時に人間を描いた映画であり、戦後は決して終わっていないということを強く印象づける映画でもある。

この映画は、元残留兵で、戦後補償を求める訴訟の原告のひとりである奥村和一氏を中心に据え、あくまでも人間を追ったドキュメンタリーである点が魅力だ。キャメラは彼のパワフルな行動を追い、表情を捉え、もどかしくも論理的な彼の言葉を記録する。同時に、彼が出会う様々な人々の表情を追い、彼らの言葉を記録する。

この映画の最も驚愕すべきシーンのひとつは、残留の経緯を知る宮崎氏を病院に見舞うシーンだ(このあたりが鎌倉ロケ←ロケとは呼ばないか)。病気のためにもう何もわからなくなっているということなのに、奥村氏の語りかける言葉に反応して泣き喚くように叫ぶ。その苦しそうな叫びと、その背後にある、自分の知っている事実が事実として通らない無念さに心をゆさぶられる。同時に、奥村氏や監督は、何かを期待して病院に行ったのだろうか、というようなことも思った。予期せずにこの瞬間に立ち会ったとしたら、監督にとってはまさに映画が動く一瞬だったに違いない。一方、奥村氏は何かを予期していたのではないかという気がする。

この映画のもうひとつの魅力は、正義という観点からのみ問題が描かれているわけではないということである。奥村氏は、元残留兵が事実に反して正当に扱われていないという動機で行動を起こしているわけだが、一方で、自分がかつて戦争で人を殺した加害者であるということを忘れることはない。軍隊では、ふつうの善良な一市民を殺人マシンにする教育が組織的に行われていたと彼は語る。兵隊に行った人が殺人や強姦をしたとかしなかったというのは個人の問題ではなく、軍隊というシステムの問題だとも言う。一方で、そういう教育の中で、殺人マシンになってしまう資質というか本能というかそういったものを人間が持っているということもまた事実であり、奥村氏はそのことにも自覚的だと思う。

かつての戦場であった山西省を訪ねた彼は、残留に関する閻錫山と澄田軍司令官との密約の証拠を探すと同時に、かつて自分が中国人を処刑させられた、その事件の真相を知る人や、日本軍の侵略の被害者にも会い、話を聞く。時に日本軍の立場から相手を問い詰めてしまい、相手を戸惑わせてしまったりもする。負い目をもちながらも卑屈になることはなく、一歩踏み込むことを恐れない真摯な態度は、自分が加害者であるということとちゃんと向き合ってきた人だからこそではないかと感じる。また、ノスタルジーとも表面的な和解ムードとも無縁の、だからといって国家の立場に立って反目しあうわけでもないこのような場面に、戦争を語り継ぐということのひとつの可能性をみるように思う。戦争や歴史を語り継ぐということは、ひとつの国家の中だけでできることでもないし、やるべきでもなく、加害者と被害者が向き合って進めていくべきだと思う。奥村氏のような一兵士は、加害者であると同時に、国家による侵略戦争に利用された被害者でもあるわけだが、個人においても、加害者と被害者のどちらかだけではなく、両方の面を見つめていく必要があると思う。

最後に、奥村氏らが起こしていた裁判の結果は本当に理不尽であるけれども、いくら三権分立が建前でも、司法が国家という枠組みの下にあるかぎり、大勢の人が泣き寝入りをさせられるのは避けられないだろう。こういった裁判も、国際的な枠組みのなかで行われるべきであると思う。

『フレンチ上海 - 東洋のパリを訪ねる』(にむらじゅんこ)

『フレンチ上海 - 東洋のパリを訪ねる』読了。

フレンチ上海 (コロナ・ブックス)

フレンチ上海 (コロナ・ブックス)

上海の旧フランス租界を、「お洒落なおふらんす」的な視点から紹介する本。

  • 本のつくりや写真がきれい
  • 旧フランス租界の7つのカルティエごとに、建築が紹介されている
  • 文章が少ないわりに、建物の由来や用途と、建築の専門的な説明がバランスよく書かれていて、現状についても言及されている
  • TINTIN(タンタン)の“Le Lotus Bleu”に描かれた上海について言及されている

といった点で好感をもって読んだのだが、それだけに細かい間違いなどが気になった。気になった点をいくつか挙げておく。

  • 固有名詞の表記に統一性がない。原語表記だったり、カタカナだったり、併記されていたりし、初出と既出の表記にも規則性がないように思われる。また、中国語のカタカナ表記がけっこう間違っている。たとえば、「三磊公司(サンシン・ゴンスー)」(p. 70)、「趙無極(ザオ・ウーキー)」(p. 94)、「Pang Xunqin(パンクンチン)」(p. 95)、「張充仁(チャン・チョン・チェン)」(p. 96)など(「杜月笙(トゲツショウ)」っていうのもね… )。著者のプロフィールには「中国語を自在に操り」と書いてあるので、著者が間違うはずはない。著者に表記に関するポリシーがなく、編集者が中途半端にカタカナ表記などを追加し、著者は最終的に全体をチェックしていない、といったところではないかと想像するが、そういう姿勢には全く共感できない。
  • 宋家のきょうだい(宋靄齢宋慶齢宋子文宋美齢)およびその配偶者の関係(誰が誰の義弟であるとか)の記述が数箇所間違っている。
  • 著者に敬称がついている箇所がある(p. 126)。
  • 汪兆銘政権のことを中国政府と書いている点に引っかかりを感じる。
  • 事実に基づく内容が大半であるのに、参考文献がない。

それから、この本は、フランスの文化的なソフトパワーによる植民地統治によって、フランス租界にフランス的なクオリティ・オブ・ライフが持ち込まれたという視点から書かれている。なかにはこじつけか思い込みかという箇所もあるが、それはそれとして、あまりにもフランス贔屓で、植民地統治に対する批判的な視点がなさすぎるように思われる。そんなことは言わずもがなだし、「もちろん植民地はいけないが」みたいな枕詞をつけるのはアホだと思う。だけどこの著者の場合、言わずもがななのかどうかもよくわからない。しかもこのようなヴィジュアル中心の本は、「歴史や建築のことはよくわからないけれど、上海のきれいな建物を見て、お洒落な雰囲気にひたって来ました」みたいな人も読者の何割かを占めるに違いない。そういう人がこの本を読んだとき、「フランスは上海でいいことをしたんだ」と思わないか心配だ。