バンガロールに来ちゃったの

サイトやFlickrの更新情報、映画や本の感想(ネタばれあり)、日記(Twitter/Instagramまとめ)などを書いています。

2006-02-01から1ヶ月間の記事一覧

『求婚事務所』

“愛情白皮書”(『あすなろ白書』)に追いついて(id:xiaogang:20060125#p1)から見始めた『求婚事務所』だが、今日やっとたまっていた分を見終えて、放送(ムービープラス)に追いついた。特に目的もなく録画していたが、見てみるとけっこう面白い。特にいい男は出…

フィルムスキャナ

最近ある仕事に追われていたのだが、昨日それが終わったので、今日からは何でも好きなことができて嬉しい(ほんとはほかにもやらなければならないことはあるのだが)。それで今はまっているのがフィルムのスキャン。デジカメに移行する前の写真の管理がずっと…

納言志るこ店の田舎しるこ

PaPa Noelで腹八分目になったのに、J先生が突然、「今日はお汁粉日和だ」と言ってがんがん歩き出し、勝手に納言志るこ店に入ってしまった。しかたがないので、田舎しるこを食べる。 お汁粉やぜんざいはどちらかというと苦手だが、ここのはそれほど甘くなく…

PaPa Noelのランチ

鎌倉・由比が浜のPaPa Noel(LINK)に昼ごはんを食べに行く。かなりイタリアンの入ったフレンチ。 ここのランチは、前菜、メイン、デザート盛り合わせ、ドリンクで1890円。ボリュームもけっこうあるし、ついてくるフォカッチャのおかわりもできるし、デザート…

チャヤのトリコロール(イチゴ)

鎌倉を通りすぎて葉山へ買い物に行った帰りに、ラ・マーレ・ド・チャヤ(公式サイト)でトリコロールのイチゴ(季節限定)を買う。 たった168円なのでイチゴは少ないが、けっこうおいしい。

Dieciのランチ

昨日のお昼は鎌倉の新しいイタリアンを試しに行ったが、あまりよくなかったので、今日は辻堂のイタリア食堂Dieciへ行く。 ここのランチは、前菜、パスタ、デザート、ドリンクで1380円というお得なお値段。鎌倉と辻堂の物価の違いなのか。特にボリュームたっ…

『日中一〇〇年史 二つの近代を問い直す』(丸川哲史)

『日中一〇〇年史 二つの近代を問い直す』を読み終わる。日中一00年史 二つの近代を問い直す (光文社新書)作者: 丸川哲史出版社/メーカー: 光文社発売日: 2006/01/17メディア: 新書 クリック: 2回この商品を含むブログ (15件) を見るこの100年の日中間の出来…

『台湾映画のすべて』(戸張東夫, 廖金鳳, 陳儒修)

『台湾映画のすべて』を読み終わる。台湾映画のすべて (丸善ブックス)作者: 戸張東夫,陳儒修,廖金鳳出版社/メーカー: 丸善発売日: 2006/01メディア: 単行本 クリック: 1回この商品を含むブログ (5件) を見る研究プロジェクトの成果をまとめたものだというこ…

「寡黙なイマージュの雄弁さについて - 侯孝賢試論 -」(『文學界』3月号)

『文學界』3月号に、蓮實重彦が侯孝賢(ホウ・シャオシェン)について書いている。私はハスミ教徒ではないが、侯孝賢ということで読んでみた。内容についてはコメントしないが、間違いが多いので、気づいた点をメモしておく。信者の人はこんなブログには来ない…

BALENAのランチ

今年初めて、藤沢の無印良品へ買い物に行く。その前にBALENAでランチ。おいしいものを食べたことも記録しておきたいが、いつも写真を撮る前に食べてしまう。気合いを入れるため、昨日デジカメを買い替えたので、今日は[食]カテゴリが初お目見え。食べる直前…

『単騎、千里を走る。(千里走單騎)』(張藝謀)

張藝謀(チャン・イーモウ)監督、高倉健主演の『単騎、千里を走る。』を観にマリオンへ行く。ふだん行く劇場はほとんどミニシアターなので、こういうところは勝手がよくわからない。前回来たとき、一階窓口で前売り券を入場券に引き換えてもらったので、今回…

『真白き富士の嶺』(森永健次郎)

2本目は、ラピュタ阿佐ヶ谷で森永健次郎監督『真白き富士の嶺』。例によってJ先生のつき合いのいづみさま映画。観なきゃいけない映画がたまっているのに、何でわざわざこんなの(しかも山猫軒でのお食事もついていないのに)、と思うが、一応、逗子が舞台なの…

『秘密のかけら(Where the Truth Lies)』(Atom Egoyan)

やっと今年初めての映画を観る。初映画が2月なんて前代未聞、と思ったら、去年よりは早かった(去年は2月11日)。観たのはアトム・エゴヤン監督の新作『秘密のかけら』。前にも書いたように、アトム・エゴヤンは新作をチェックすべき数少ない西洋の監督である(…

『寒夜』(李喬)

『寒夜』読了。台湾の歴史が大きく動いたふたつの時、すなわち日本の統治が始まるときと終わるときを舞台に、客家人一家の過酷な生活を描いた小説。寒夜 (新しい台湾の文学)作者: 李喬,岡崎郁子,三木直大出版社/メーカー: 国書刊行会発売日: 2006/01メディア…